史上最速の梅雨明け~夏が苦手な2つの理由~


さぁ、史上最速で6/29に梅雨明けしました!
じめじめと、しとしとと、ひんやりと、こんな季節に終わりを告げて、夏に向かっていきましょう!

私は、実は夏がそれほど好きではないんです。

まず、第一に暑い。

地区の少年野球をやっていた小学生のときは、ソックス履いたりストッキング履いたりユニフォームが少し暑いなぁくらいは感じたくらいで特別意識したことはありませんでした。ソフトテニスをやっていた中学生のときは、1年生のときにとにかく走らされたときに暑さを感じたことと、コートの後ろに中腰で声を出しながら球拾いをしていた辛さはありましたが、暑さそのものに対する意識はそれほどはありませんでした。

自分が夏がそれほど好きではなくなった理由の一つが、暑い と 蒸し暑い の違いがはっきり分かった高校生くらいだと思います。特に蒸し暑さが苦手で、どう対処して良いのかわからない苛立ちがありました。
寒さは着込むなりでどうにか我慢ができますが、暑さは本当にどうして良いかわからない。そして何もやる気がなくなるわりに、汗だけは止まらない。こんな感覚がとにかく好きではなかった。

しかも、近年では35℃を超える猛暑日が頻発する。20年くらい前は、35℃なんて数字はほとんど見ることがなかった。(気がします。)温暖化の影響?

なぜか調子が良くない

高校生でも続けていたソフトテニスでは、晴れた暑い日は調子が良くなくて、曇っていて天気が良くない日の方が調子が良いことに気が付きました。そういえば、中学のときもそうでした。いい試合が出来たときは秋であったり冬であることの方が多い印象がありました。

もともと性格が開放的でない?

もともと、人見知りでオープンな性格ではないため、夏の解放感みたいな雰囲気の良さはあまり感じることがなかったです。それよりも、曇ってて涼しいくらいのときのほうが性に合っているような無意識の間隔はありました。

何はともあれ

自分が好きだろうが好きじゃなかろうが夏はやってきます。心構えもしながらエアコンという近代の科学に頼りつつ、体調には十分に注意し、気持ちも意識的に盛り上げながら生きていくしかないのです。
はぁ、10月になるくらいまでは続くのだろうか。。。とにかく生きます!

 

乞うご期待!

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です