そんな改善提案は失敗する!~ありがちな3つの間違いルール~

否定ノウハウ記事

著者

GEMBA Producer
大原 健佑
日本の中小製造業を専門に現場のコンサルティング業を経営。QMS審査員補:2015(ISO9001審査員資格保有)。10年間製造業に勤務した製品開発・生産技術・品質管理の経験から、製造業の現場で起きている問題の多くは「品質保証・業務プロセス設計・問題解決」で解決できると突き止める。経営視点を持ちながら、製造業の現場向けにIT・AI活用などの最新手法から、泥臭く地道な改善までの手法を融合させたコンサルティングを行う数少ないコンサルタントとして、日本全国の中小製造業に顧客を持つ。「こんな現場の生々しい話、誰に相談して良いか分からなかった!」と大好評を得ている→ 詳しいプロフィールを見る

 

現場の改善を大切にする製造業。

改善提案を制度化して取り組んでいる企業様も多いことと思います。

ところが、その改善提案の制度も、

「本当に改善を進めたいのか?」

というおかしなルールがあって残念な制度になってしまっている企業様も多いです。

今回は、そんな改善提案制度の間違ったルールについて触れていきます。

スポンサーリンク

間違いルール①:提案した人がやる

提案者

このルールが改善活動を阻害している企業は多いのではないでしょうか?

結局のところ、『言ったもの負け』な文化がありませんか?

実際に現場で見つけられる改善というのは、1人でできるちょっとしたことっていうものは意外と少ないかもしれません。

そんな改善が見つかるなら、イチイチ“提案”などせずにさっさとやってしまっているケースがほとんどなんだと思います。

さっさとやってしまった後に、『改善提案シート』なるものに記入するという結構面倒なことが起きるのです。

さて実際には、1人だとちょっと腰が重いものだったり、誰かがいるからやろうと思える改善だったり、自分よりはるかにその作業が得意な人がいる場合も多いんだと思います。

「でも、自分が提案したら『やれ』って言われるしなぁ。。」

ということで、なかなか提案をしないというもったいないケースがあります。

その場合は、ぜひ、

・提案した人
・実施した人

それぞれをちゃんと評価する制度を整えてみましょう。

そうしたら、実施が得意な人は誰かの提案を見て協力者に立候補する仕組みが出来上がり、改善ネタの発見や着眼が得意な人とうまくかみ合って、現場の改善が進んでいくことでしょう!

スポンサーリンク

間違いルール②:件数というノルマ

ノルマ

『〇〇課は1人年間〇件の改善提案を出すこと!』

こんなノルマが与えられている部署もあるでしょう。

何を隠そう、私が以前に勤務していた生産工場ではこれがありました。

そんな簡単に出てこないんですよ。。

こんなノルマを設けるくらいなら、誰かが見つけた改善に対して議論して、

「こうしたらもっといいんじゃない?」

「ついでにこうしたらあっちも良くなるんじゃない?」

っていう便乗改善を進めた方がよっぽどうまく進むし効果があります。

その改善に1年かけてもいいじゃない。

件数ではなく、改善の取り組みそのものを評価する制度が必要でしょうね。

間違いルール③:改善活動は通常業務の時間外

時間外

このルールこれまでに2社で聞いたものです。

製造現場にとっての日常業務というのは、日々の生産活動のことを差すと。

なので、改善活動はその生産活動に割り当てられた時間以外の時間を使ってやりなさいと。

そして残業代も出ないと。

昔からこうやってきてオレもやってきたと。

今振り返ってみても全く訳が分からないルールですね。

生産活動の効率を上げるための活動が業務時間じゃないなんて、どう考えたらそうなるのでしょう。

日常の生産活動の中で、不便に感じること、やりにくさを感じること、ラクに作業する方法を考えることなどは普通に行われるべきで、その改善実行も通常の業務に当たります。

もしこんなルールがあったら、声を大にして「おかしい!」と叫びましょう!

おわりに

皆さんの会社は、今回取り上げたような改善活動をしていませんよね?

もししていたらそれはさっさと制度の転換を図りましょう。

製造業における改善も目的は、【生産性を上げること】に尽きます。

・考える力を養う
・人財育成をする
・人事評価制度に則って改善をする
etc…

くれぐれも、こんな風に目的をはき違えないようにしてください。

これはあくまでも結果であって目的ではありません。

ちなみに、改善のネタ探しに困ったら、Q&A動画の中に「誰も教えてくれない改善ネタの探し方」の動画があるので、そちらもご参考にしてみてくださいね!

Q&A動画(無料)はこちらから→Q&A

特典付き無料個別相談のお知らせ

通常30,000円
頂いている訪問して実施する対面での個別相談ですが、
新型コロナウイルスによる経済停滞を防ぐため、
期間限定で無償で行います!
さらに、
個別相談にお申込みいただいた方には、
私のお客さまから特別に許可を頂いて紹介する、
「見て、マネて、実践するだけ!成果に繋がる実績事例動画
を視聴できるURLのリンクを、
特典として無償でプレゼントいたします!
特典付き個別相談をご希望の方は、
下記のボタンから簡単なフォームにご入力いただきお申し込みください!

 


コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました