型技術者会議2018講演~プレス成形/トライの不良情報から創出される金型設計ノウハウ~


講演~型技術者会議2018~

型技術者会議2018

プレス成形/トライの不良情報から創出される金型設計ノウハウ

というタイトルで講演させていただきました。

プレス業界に限らず、樹脂成形やダイキャストはもちろん、広くは農業や漁業といった第一次産業および第三次産業においても、労働生産性と品質保証の両立が課題として求められる現代の産業界ですが、特にものづくり業界においては、設計~製造全体を考慮した仕組みを本気で作り上げていく必要性と、その運用を支援するIoTおよびM2Mソリューションについてお話しさせていただきました。15分の発表という限られた時間の中、少し抽象的で概念的なお話が多くなってしまいましたが、個別最適をも包括した仕組みの構築が必要であることが伝われば幸いです。

詳細な内容についてはこのサイトでは公表できませんので、お手数ですがお問い合わせください。

とはいえ、IoTツールも新設備のようなハードウェアもM2Mツールも、導入する目的の明確化が必要です。事前の検討と要件の整理が出来なければ、導入したソリューションに振り回されるばかりで、そうした失敗した現場も数多く見てきました。

・何に困っていて

・それを解決することでどんな波及効果があって

・次にどんなステップが見えるか

・そのための実働従業員の動きはどうあれば良いか

・IoT/M2Mツールはどんな役割を果たすものか

分かっているようで意外にわからないものです。是非、事前のコンサルティングをお勧めいたします。

コンサルティングメニュー

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です