品質保証と検査~検査の2つの顔と1つの大きな勘違い~

ノウハウ記事

著者

GEMBA Producer
大原 健佑
日本の中小製造業を専門に現場のコンサルティング業を経営。QMS審査員補:2015(ISO9001審査員資格保有)。10年間製造業に勤務した製品開発・生産技術・品質管理の経験から、製造業の現場で起きている問題の多くは「品質保証・業務プロセス設計・問題解決」で解決できると突き止める。経営視点を持ちながら、製造業の現場向けにIT・AI活用などの最新手法から、泥臭く地道な改善までの手法を融合させたコンサルティングを行う数少ないコンサルタントとして、日本全国の中小製造業に顧客を持つ。「こんな現場の生々しい話、誰に相談して良いか分からなかった!」と大好評を得ている→ 詳しいプロフィールを見る

 

ものづくり企業の現場においてヒヤリングをしていくと、現場の担当者はもちろん管理者やときには経営者まで、【品質保証】に対して誤った理解をされている方をお会いすることがあります。

【品質保証】は全ての業務に共通する重要な概念ですので、私が今まで接してきたお客様とのディスカッションも踏まえながら解説していきます。

スポンサーリンク

品質=検査の勘違い

 

「検査の担当は品管」

これは多くの企業様で耳にする言葉です。製造部門が加工したり組み立てたりしたものを、品管が検査する。非常に多くの企業がこの役割分担で仕事をされています。これは、まさに品質=検査の勘違いを生む大きな原因となってしまっていて、組織設計の考え方のレベルがおおよそここで分かってしまいます。

品管部門=検査担当というレッテルが貼られているような企業様は要注意です。

確かに、【品質管理(QC)】の点で言えばそれほど大きな間違いはしていないのかもしれません。ところが、【品質保証(QA)】の点で言うと製造部門がその役割を果たしていないと言わざるを得ません。言い換えると、製造部門はそのアウトプットとして与えられた役割を果たし、適合しているものを次工程のインプットとして渡さなければならないはずが、アウトプットの測定を品管部門に任せ、自分たちのアウトプットの保証を自分たちでしていない、ということになるのです。

じゃあ品管部門の役割は?ということになります。その問いに対する答えは一つです。

製造する流れ(仕組み)そのものを管理すること

です。もう一度言い方を変えると、検査自体は製造部門が自らのアウトプットを保証するための行為であり、製造部門が果たすべき役割です。品管部門は、その業務の仕組みそのものを管理して品質を保証することが役割となります。

さて、なぜこのような事実を勘違いしてしまうのか。それは、検査が持つ2つの顔が関係しています。

スポンサーリンク

検査の顔①:流出防止

この点については、多くの皆様が理解されている通りです。アウトプットを検査し、不適合品の後工程への流出を防ぐ役割があります。全数検査できないものについては、抜き取り検査で一部のアウトプットを検査し、その検査データを使って、統計的に品質を保証します。

この役割を踏まえると、ものづくりの現場においては可能な限り工数を掛けたくない作業ですし、検査自体を無くしていきたいと考えられることはごく当たり前の理論です。

「品質はプロセスで作り込む」

という考え方があります。製造/組立および製品開発の工程において何かしらの不適合が発生しないプロセスとすることで、検査自体を無くしていくことはある程度は可能となります。そうすることで、確率的な品質保証ではなく1個保証を実現していくことも可能になるのです。

検査の顔②:工程能力の把握

上記のように、プロセスで不適合の発生防止を完璧にすることで検査を無くすことが可能となります。

ところが、必ずしもこれは理想的な状態とは言えないのです。検査がなくなると、プロセスのパフォーマンスがどうなのかが全く分からなくなります。

・今どんな状態で生産/開発しているのか
・今までと同じ状態なのか変わってきているのか

これが分からないと、いつ何時不適合が発生してしまうかが全く分からず、しかも仮に不適合が発生したらそれは100%流出してしまいます。

従って、検査をして、今の工程の状態がどんな状態であるのかを知る必要があるのです。

先ほどの製造と品管の役割で言うと、この工程能力を把握する部分は品管部門の役割と言えます。そのため、取得した検査データを分析し、平均値/中央値, MAX値/MIN値, Cpkなどの工程能力指数を監視し、工程能力を把握しプロセスの保証をしていくのです。

さいごに:業務分担設計の注意点

さて、上述の内容を踏まえると、検査作業をする役割分担を誰にしたら良いのか、答えは明白です。実は、これを実現するために大きなハードルがあります。それは、

業務の仕組みそのものを管理して品質を保証する、という上位概念が理解でき、実践できる人材が限られる

という点です。

特にものづくり現場においては、管理者は現場の作業者からの昇進がほとんどであり、品管部門においても、検査作業を質良くこなせ、製造部門とのコミュニケーションが取れる人材が管理職になることが大半です。つまり、その上位概念の教育をきちんとできない事情があるのです。

品質管理/保証部門は、ものづくり現場のコントロールタワーです。仕組みを構築し、その仕組みそのものをPDCAを回すことでブラッシュアップしていく現場を作っている部門なのです。

こういった点を踏まえ、組織編成や役割分担をされてはいかがでしょう?

品質関連では、以下の記事も掲載していますので合わせてご覧ください。

>>現状を客観的に診断!~5×5の現状調診断指標~

>>ISOは簡単だ!~ISO9001の心構えと効果的な教育3つのSTEP~

>>品質保証レベルはどのくらい?~保証の網作成の5つの項目~

>>一目瞭然!プロセス評価の決定版ツール!

特典付き無料個別相談のお知らせ

通常30,000円
頂いている訪問して実施する対面での個別相談ですが、
新型コロナウイルスによる経済停滞を防ぐため、
期間限定で無償で行います!
さらに、
個別相談にお申込みいただいた方には、
私のお客さまから特別に許可を頂いて紹介する、
「見て、マネて、実践するだけ!成果に繋がる実績事例動画
を視聴できるURLのリンクを、
特典として無償でプレゼントいたします!
特典付き個別相談をご希望の方は、
下記のボタンから簡単なフォームにご入力いただきお申し込みください!




アクセストレード パートナーサイト募集


コメント

  1. […] 例えば、以前に記事(>>品質保証と検査~検査の2つの顔と1つの大きな勘違い~)でも書きましたように、「品質=検査」と考えている人は、アウトプットを一生懸命検査し、それ以 […]

  2. […] 例えば、以前に記事(>>品質保証と検査~検査の2つの顔と1つの大きな勘違い~)でも書きましたように、「品質=検査」と考えている人は、アウトプットを一生懸命検査し、それ以降のプロセスへの流出を防ぐことに躍起になってしまいます。ところが、プロセスアプローチの考え方でいけば、アウトプットを保証するためには、インプットと、このプロセスそのものをきちんと定義し管理するという考え方になります。 […]