著者

GEMBA Producer
大原 健佑
日本の中小製造業を専門とする現場のコンサルティング業を経営。中小企業診断士・QMS審査員補:2015(ISO9001審査員資格)。製品開発・生産技術・品質管理にの現場に10年間従事した経験から、製造業の現場で起きている問題の多くは「品質保証・業務プロセス設計・問題解決手法」で解決できると突き止める。経営視点を持ちながら、製造業の現場向けにIT・AI活用などの最新手法から、泥臭く地道な改善手法などを融合させたコンサルティングを行い、日本全国の中小製造業に顧客を持つ。「こんな現場の生々しい話、誰に相談して良いか分からなかった!」と大好評を得ている→ 詳しいプロフィールを見る

 

※2021年1月19日時点での情報です。

令和2年度 第3次補正予算 が成立の見込みです。

その中に、超目玉ともいえる大型補助事業が盛り込まれています。

中小企業等事業再構築促進事業

この記事では、現時点で明らかになっている中小企業等事業再構築促進事業に関する背景と内容を紹介していきます。

新型コロナウイルスの影響に打ち克つ!

この事業は、政府としての強い意志を感じます。

何しろ、予算額が1兆1,485億円です!

ご存じのように、新型コロナウイルスの影響で国内の、いや、世界の多くの産業が大ダメージを受けました。

この影響を補うため、国から支給する補助金によって事業の再構築による投資を行っていただき、今後の経済を明るくしていこうという狙いです。

個人的意見になりますが、貯金に回ってしまうような給付金よりは、より有効な税金の使い方かなと思います。

小規模事業者持続化補助金<コロナ特別対応型>の側面

ご存じの方も多いかもしれませんが、新型コロナウイルス感染拡大が始まったころから、小規模事業者向けに、主にビジネスモデルの転換に伴う費用や、宣伝広告や販売促進を目的とした補助金事業が展開されました。

それが、小規模事業者持続化補助金<コロナ特別対応型>です。

※既に応募は締め切られています。

ところが、この補助金に応募が殺到し、全部で第5回まで〆切が設定されていましたが、第2回以前の採択率は80%を超えていたにも関わらず、第3回の採択率は34%と大きく低下しました。

理由は、明確に予算不足です。

つまり、想定していた以上に国内の各事業者がビジネスモデル転換を検討し、そこに費用を必要としていたということがありました。

そこで、今回は、小規模事業者だけでなく、中小企業や中堅企業に対しても枠を広げつつ、1件当たりの補助金額も大幅にアップさせたという経緯があると考えられます。

中小企業等事業再構築促進事業の詳細

さて、肝心の中小企業等事業再構築促進事業の中身ですが、下記の動画で、主に製造業の事例を基に具体的な要件について紹介しています。

気になる方はぜひご覧になってみてください。

「もう少し詳細が気になる!」
「ウチの場合は当てはまるの?」
「こういうことやりたいけどできようできるの?」
etc…

ご質問等ございましたら、下記のお問い合わせボタンからフォームに質問事項をご入力していただき送信いただければ、お客様の個別の事情に合わせたご回答をいたします。

遠慮なくお問い合わせください。

特典付き無料個別相談のお知らせ

通常30,000円
頂いている訪問して実施する対面での個別相談ですが、
新型コロナウイルスによる経済停滞を防ぐため、
期間限定で無償で行います!
さらに、
個別相談にお申込みいただいた方には、
私のお客さまから特別に許可を頂いて紹介する、
「見て、マネて、実践するだけ!成果に繋がる実績事例動画
を視聴できるURLのリンクを、
特典として無償でプレゼントいたします!
特典付き個別相談をご希望の方は、
下記のボタンから簡単なフォームにご入力いただきお申し込みください!

 


コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました